何だかやめておけばよかった。

貸し付けの企業から通話が思い切りかかってきます。
どこで携帯を調べてかけて生じるのかさんざっぱら不思議です。
特に、古着でもなんでもいいのでジャッジメントにお宅へ行かせてくださいと言います。
断り続けていましたが、衣替えをして着れなくなった着物が多数出たので、まず来てくださいと言いました。
「ブランドものは無いですよ、それでもいいですか?」と念を押しました。
それでも済む、古着やらぬいぐるみやら履かなくなった靴でもいいと言うのでそれなら来てくださいと言いました。
無名見廻るので夜の7まま伺いますと言います。
ハイハイ分かりましたと承諾しました。
只、8シーン前に来てしかもリングはないか?ネクレスはないか?と言い出しました。
要は貴金属を出せというのです。
そんなこと電話では言ってなかったじゃないかと怒りたいのをグッと忍耐し、そんなものはありませんと断りました。
正に心境が悪かっただ。
望ましい勉強になったと思いました。
予め通話の時点で撥ねつけるのが一番だ。