塹壕にペナルティーをつけるより、自発的な効率アップを

働くのであれば、やはりその対価としてのお給料は必要だと思うのですが、お金が働くモチベーションになっているわけではありません。
確かに少し高いお給料がでるのであれば、ちょっとくらい大変な仕事でも我慢してもよいかなと思います。
でも、だからといって喜んでやるわけではありませんし、いやいややる仕事というのは往々にして長続きしないものです。
最近少し思うのは、残業というのは会社にとってもお従業員にとっても、良いことをほとんどもたらさないものだということです。
会社からすれば残業代を払わなければならないし、従業員からすれば、長時間労働で体力も気力も消耗します。
お金を払えばいくらでも人が働けるというわけではないし、結局のところ離職者が増えたり、ブラック企業を呼ばれたりすることもあるかもしれません。
なので、「給料を上げるから辛い仕事でも耐えろ」というより、「残業の少ない部署には賞与を支給する」という方がやる気がでるのではないでしょうか。
残業代を払うよりも、効率性を高めて残業、もしくは労働時間を短くした人にご褒美をあげたほうがよっぽど安くなるのと思うのです。
従業員も残業代で稼ぐのではなく、自分の仕事の成果として認められボーナスがでるのであれば、お互いにWin-Winになるのではないでしょうか。融資スピード

前もこう思って期待してまさかこうなるとは

鳥越様が立候補しましたね。俺は恋人はとっくにかねてからTVで知っていて、大宮のストーカー殺生事件で鳥越様が思い切り熱を入れていた事件でモラル派でしたし、文章ステーションでも参列していて、まずビジョンや人間なんかも会ったことはあるわけないですが、いいイメージを強く持っています。取り敢えずTVで見てるだけのことですが。ところで枡添様もおんなじでした。90時代からTVで可愛らしく見ていて宜しい親仁ですなあと思っていました。義憤あふれる外見をしていて、この人なら政治を変えてもらえるはず、この人しかいないと思っていました。ほとんど国民の軒並みも同じように思っていたと思います。たけし様の企画で田嶋様とすばらしいコンビで話していたのもいいイメージでしたし。そんな感じで鳥越様とほんとおんなじ感触を抱いていました。しかし結果はこうでした。だから鳥越様に対してもまたおんなじじゃないのかと見紛うのです。いや、恋人は枡添様とは違うと多少は思っても、いやおんなじだろう、あのステータスに就くと軒並み変わってしまうんだと。このまま恋人が知事になっていいのでしょうかね。