人生で初めて、肺炎になってしまいびっくり

風邪を引いたのに忙しくて十分な休息もとらずに忙しくしていたところ、なんと人生で初めて肺炎になってしまいました。肺炎というとお年寄りがかかるものというイメージがあったのですが、その限りではないのですね。今回初めて知りました。
撮影したレントゲンには下のほうに白い影が映っていました。素人目に見てもはっきりと分かるような状態でした。

症状は、発熱・咳・倦怠感・食欲不振・痰などです。幸いにも入院せず、通院と投薬で完治しましたが、熱が出ている間はじっとしていても息が苦しくて、とてもつらかったです。咳がひどくて寝ている間もずっと止まらず、寝汗もすごくて、まったく熟睡できず、という状況でした。日本人の死因第三位となっているのが、この肺炎とのこと。想像以上に苦しい体験でした。お年寄りなどがかかったら相当つらいことでしょう。
たかが風邪とはいえ、やはり、体調を崩したらきちんと休まなくてはならないと改めて感じています。キレイモ 回数制 学割

田舎には洋服屋さんがなくて本当によかった

私は5年くらい前に東京から地元に戻ってきたのですが、もはや地元での生活もすっかり肌に馴染んできました。
でも、トータルして考えると、やはり不便だなと感じたり、東京で生活したいなと思ってしまいます。
それでも、慣れてくればそれなりに我慢したり、生活するのに大きなストレスを感じることもなく、「これが普通なんだ」と思って過ごせるものです。
自動車がないとどこへ行くにも不便だし、雑誌やテレビで紹介されるようなおしゃれなお店も少ないです。
それでも、その中で良いものを見つけたり、ネットを使って足りないものを補ったり、あるいはときどき東京へ遊びに行ってバイタリティーをもらったり…。
地元で生活することで見つけた数少ないメリットのひとつというのは、田舎にはおしゃれな洋服のお店がないということです。
それこそ、東京にいたときには、毎シーズンの受注会に顔を出したり、そうして服にかけるお金というのはけっこう大きかったように思います。
しかし、地元に戻ってからは、それほどおしゃれをして出かけることもなくなったし、そういう必要もないのではないかと思うようになりました。
私が破産せずにこうして生活できているのは、田舎の不便さに助けられいるのかもしれないとさえ思ってしまいます。

機械には人などの心を読み取る力がないことなどの話をします

どんな機械にも人の心を読み取る力がなく、あらゆる操作に応じてそれにともなう反応するのが機械の仕組みで、やはり人と大きく違うのは中には接する上で人の心を読み取る力の強い人もいます。だけど機械は人が操作するものなのであります。それぞれの利便性を考えあらゆる人に使用されています。人間にももちろん都合がありますが、機械にも都合があって中には故障ではないのに一時的に動かなくなってしまう時があってもしかしたら壊れてしまつたのかななどと心配になる時もあるのですが、すぐに問題なく正常に使用できるようになるので特にそういう時は心配した分安心する気持ちも強いです。機械は新品で買う場合ほとんどが保証が一年位だったと思います。あまり新品でどんな機械に対しても一年以内に壊れてしまう話はそんなに聞いたことがありません。もちろん買ってからの例えば1年などの期間内に壊れた場合に無料で直してもらうことが出来ますが、直るまでが予備の物がない場合に不便ですよね。もっていくにももちろん手間がかかりますが、壊れてそのままにしておくわけにもいかないものももちろんあります。パソコンが特にそうです。http://www.itselect.co/ryoukin.html