ハズレを引かないための林檎の選び方を教えます

葡萄や梨の旬が過ぎると、次に旬を迎えるのが林檎です。
私は甘味が特に強い「王林」や「ふじ」が大好きで、自分で購入する際はこの2種以外の品種は選ばないほどです。
王林は酸味がほとんどないため、体調によっては甘過ぎると感じることがあるのですが、ふじは程好い酸味があるため、強烈な甘味があるのに後味はすっきりです。

他品種を選ばない理由は、この2種以外を嫌っているからではなく、林檎は梨に比べてハズレが多いからです。
果肉部分がスカスカだったり、柔らかくなっていたり、甘味がなかったりなど、私の経験上、王林とふじ以外の品種ではハズレを引く確立が高いのです。
たまたま王林とふじでは、今のところ外れたことがないだけかもしれませが、品質が安定しているように感じます。

では、美味しい林檎はどう見分ければ良いのでしょうか。
果皮に張りと艶があり、赤色が鮮やかではっきりとしているものが良い林檎です。
林檎の茎のついていない側が、緑がかっているほど熟しておらず、黄色のものほど熟して甘味があります。

甘味や酸味の程度は品種によって異なりますが、新鮮で美味しい林檎は見た目でほぼわかるものですよ。アリシア 評判